仮想通貨Phore(PHR,フォア)の将来性は?仕組みと特徴を詳しく解説!

 

みなさん!フォアという仮想通貨をご存知ですか?

知っているかたはまだ少ないかと思いますが、

今後注目されるであろうコインの一つですので先取りでチェックしちゃいましょう!

この記事では、フォアの仕組みと簡単な性能、将来性にフォーカスしていきます。

Phore(PHR,フォア)とは?

仮想通貨・Phore(PHR・フォア)の特徴・説明についてイメージ
通貨名 Phore(PHR)
マイニングシステム Pos
ブロック生成速度 60秒
Phore公式サイト https://phore.io/

中小企業の小規模なクラウドファウンディングを匿名でできる分散型プラットフォームになっています。

送金速度も60秒と早く、セキュリティの高さも保証されています。

これは、マスターノードとPoS3.0により可能になりました。

公式サイトを確認してみてくださいね!

↑フォアについての紹介動画です。

Phore(PHR,フォア)の特徴

1.PoS3.0を採用してる

PoS3は、コインの保有量や保有時間によってマイニングの難易度が変わります。

保有量が多ければ、それだけ難易度が低くなります。

PoS3.0では、保有時間の改ざんもできなくなるように改善され、セキュリティの高い取引を可能にします。

2.ゼロプロトコルを採用してる

ゼロプロトコルとは、送信者と受信者の取引情報を匿名にする技術です。

第三者に、トランザクションの詳細を知られることなく、クラウドファンディングが可能になりました。

3.マスターノードになれる!

Phore(フォア)を10000PHR以上を保有するとマスターノードになることができます。

マスターノードとは?
取引の認証を行うノードのことで、ブロック報酬ももらえます。

Phore(PHR,フォア)の将来性

これからクラウドファンディングの需要や市場は拡大していくでしょう。

そのことを考慮しても、フォアの将来性は見えてくると思います。

匿名性の高い、フォアは今後の法改正によって規制されることがあるかもしれませんが、今の所は大丈夫ではないでしょうか?

クラウドファンディングの需要に伴いフォアも大きく飛躍することを期待しましょう!

Phore(PHR,フォア)を購入できる取引所

クリプトビレッジ

フォアを購入できる取引所は現在あまり多くありません。

その中でも、セキュリティ面も信頼がおけ日本語対応している取引所は「クリプトビレッジ」です。

2017年8月に開設された取引所で今後の発展が期待できる取引所の一つです!

また、分散型取引所なのでセキュリティ面も信頼が置けますね。

ぜひ、チェックしてみてくださいね♫

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で東京に上京。大学に通いながら、ウェブメディアでインターンを始める。ロサンゼルスに留学したのをきっかけに、英語に興味を持ち、ゼロから勉強を始め今では不動産屋にて通訳業も勤めている。ゼロから学んだ英語勉強法を広めるべく、今はEnglish Plan を運営している。 【管理人から一言:英語なんて誰でも話せます!6ヶ月あれば!】