仮想通貨STRAKS(ストラクス)の将来性は?今後の価格は上がるのか徹底調査!

ストラクスっていう仮想通貨をご存知ですか?

聞いたことがない方も多いかと思いますが大丈夫!これから学びましょう♫

草コインの中でも、今少し注目さつつあるのでその性能と将来性をまとめました!

STRAKS(ストラクス)とは?

ストラクス
コインの名称 STRAKS(ストラクス)
ティッカー STAK
時価総額 4億540万円
現在の発行量 420万枚

ストラクスは、2017年12月に公開された通貨ですのでまだ生まれて間もないですね。

ストラクスは誰が作ったの?

Signatumというコミュニティ主導の通貨が開発されているときに、開発チームの情報操作による相場操作が判明しました。

その後、コミュニティメンバーがリブランドし発表したのがストラクスでした。

また、最近できた通貨でたくさんの新しい技術も採用されています!

その技術についてこのあと説明していきます。

STRAKS(ストラクス)の技術

セグウィット4xに対応

セグウィットとは、スケーラビリティ問題とトランザクションを解決するソリューションです。

4xとは、その最新バージョンのことです。

マスターノードを採用

マスターノードとは、DASHが採用して話題になった通り、ある一定量通貨を保有していると、株式配当のように配当をもらうことができる仕組みです。

配当系コインは、とても人気ですね!

スマートコントラクトを採用

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で簡単に契約ができる機能のことです。

イーサリアムもこの機能を搭載しています。この機能は、契約内容だけでなく契約履歴も記録することができます。

STRAKS(ストラクス)の将来性

今後の計画がはっきりしている

草コインやアルトコインは、初めは話題になり価格がついてもその後急落し、落ちていく通貨は山ほどあります。

また、もともと資金調達のために作成される仮想通貨もあるのです。

しかし、ストラクスはロードマップという今後の流れがしっかり提示されていて、

その内容も論理的に考えて実現可能と言われています。

しっかり、将来性のある息の長い仮想通貨に投資をしたいものですね!

コミュニティ力がある

ストラクスには、STRAKS-voteという投票制度があり、これはコミュニティの活性化を促しています。

仮想通貨のコミュニティが活発なことはとても大事で、NEMやリップルなどもコミュニティが活発な通貨として知られていますね。

コミュニティは、資金調達や今後の動向に対して投票をすることができます。

面白い仕組みですね!

STRAKS(ストラクス)を買うのにオススメの取引所

クリプトビレッジ

 

ストラクスを購入できる取引所は現在あまり多くありません。

その中でも、セキュリティ面も信頼がおけ日本語対応している取引所は「クリプトビレッジ」です。

2017年8月に開設された取引所で今後の発展が期待できる取引所の一つです!

チェックしてみてくださいね♫

カイカコイン(cicc)ってなに?将来性と今後の価格はどうなるのか?|オススメ取引所も紹介します!

2019.05.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で東京に上京。大学に通いながら、ウェブメディアでインターンを始める。ロサンゼルスに留学したのをきっかけに、英語に興味を持ち、ゼロから勉強を始め今では不動産屋にて通訳業も勤めている。ゼロから学んだ英語勉強法を広めるべく、今はEnglish Plan を運営している。 【管理人から一言:英語なんて誰でも話せます!6ヶ月あれば!】